つや姫は猛暑などでの栽培に期待

近年は異常気象が続いているといわれています。それまでは今年は暑い、今年は涼しいぐらいでしたが、ある年ぐらいから毎年のように猛暑が続くことが多くなっています。各地において40度を超えるようなこともあり、生活にも影響するとされています。日本においては稲作が伝統的に行われていますが、こちらに関してはそれまでの適度な温度がよいとされていました。猛暑になると発育も悪くなります。そうなると暑さに強い品種が研究されたり、実績のある品種が注目されるようになります。もちろん味もよくないといけませんが。暑さに強くて、味も良いとなるとどこからでも栽培したいと考えるようになります。つや姫はある年に他の品種があまり上手く作られない中でも高い実績での栽培を実現しました。そのことからこちらを栽培したいと考える農家が増えたとされています。

人気急上昇の山形県「つや姫」

米の価格が暴落する一方で、昨今山形県のブランド米である「つや姫」の人気ぶりには目を見張るものがあります。特に米どころである東北地方にありながら、他を寄せ付けないダントツの好成績を誇っています。「つや姫」は開発期間に10年の歳月を費やし、東北164号と山形70号の交配より誕生したお米です。登場から数年しかたっていないにもかかわらず好調な売り上げを維持している秘密は、一定の条件を満たした米農家だけが生産出来る「限定栽培」を実行しているためです。クオリティを下げないよう米の品質や栽培方法に厳しい基準を設け、米農家の意識を高めています。売り上げが好調だからといって、作付面積は大幅に広げず、あくまで品質にこだわる体制で厳選した米作りを行っています。こうした「つや姫」のブランド戦略が功を奏し現在の人気へと繋がっています。

つや姫はサッカーチームのユニフォームにつく

プロチームにおいてはスポンサーなどがつくことになります。メイン企業などがありそちらがメインでつくことが多いですが、規模が小さい場合においても一定の出資をしていることがあります。それらの企業からすると、チームが活躍してくれればテレビなどにも出ることになり宣伝もされるようになります。それを期待されることもあるようです。今はサッカーチームが全国にあり、各地の企業などが注目しています。つや姫は山形県を発祥とする新しいお米のブランドになります。単に新しいだけでなく、見た目であったり、味、栽培における育てやすさなどで評価をされていますが、なにぶん新しいことで知名度がまだまだ足りない状態です。現在においては、プロサッカーチームのユニフォームにも記載されるようになっています。非常に目立つロゴなので、知名度もアップするでしょう。