山形が誇るブランド米、つや姫。

10年の歳月をかけて開発され、デビュー5周年を迎えたつや姫は、「炊いてほれぼれ冷めてもおいしい」をキャッチコピーにする山形のブランド米です。山形の気候や風土と、滋養豊かな天然水が育んだお米「つや姫」は、収穫時期はコシヒカリと同じですが、草丈が短く倒れにくいため栽培しやすいのも特徴です。粒の大きさがそろっていてバラつきが少ないため見た目にも美しく、色も最適値に近いと言われています。開発の早い段階から食味検査を実施し甘みやうまみについてもほかのお米を上回る検査結果が出ています。炊飯するときは目盛りより少し少なめの水で炊いたほうがおいしいとも言われていますが、お好み次第です。炊き上がりをそのまま食するのはもちろんですが、コピー通りに冷めてもおいしいので、おにぎりやお弁当にもぴったりです。寿司米として使ってもおいしくいただけるお米です。

山形生まれのおいしいつや姫

お米というのは日本人にとっては一番欠かすことができない食材です。とりあえずお米さえあれば何も要らないという人にも何人も会ったことがあります。そのお米の中でも今特に注目をされているのが「つや姫」です。これは山形県のお米で10万分の1の確率で生まれています。それほど手塩をかけて育てられたお米です。お米は一粒も残さず食べるというのが日本人の心です。そういった心は、作り手の気持ちから来ているのかもしれません。日本のサラリーマンにとって毎日帰宅してからのお米が何よりも幸せに感じることでしょう。少しでも日頃の疲れを癒して明日の活力にするためにはつや姫を食べる事でしょう。こんな時ほど日本人に生まれてよかったと思うことはないかもしれません。これからも日本のサラリーマンを支えていくつや姫にはとても期待をしています。

つや姫はおいしいお米です。

つや姫とは、1998年に山形県で生まれたお米です。つや姫はお米で大切な艶に対して高評価を受けており、炊かれたお米はとてもおいしく見えます。それ以外にも粒の大きさがちょうどよく、白さ加減、かんだときの甘み、旨み、口当たりのよさも高評価です。お米の種類は多くあります。コシヒカリやあきたこまちなど名前もいろんなものがあります。なぜ名前がつゆ姫になったかというと、10年かけて大切に大切に育てた想いを「姫」という文字にこめていて、お米の炊き上がりの「つや」と輝きの素晴らしさをそれにかけて、「つや姫」という名前が生まれました。山形県がうんだつゆ姫は今でも大切に大切に育てられていて、アピールを続けています。今では山形をはじめ、全国に名が知れわたっています。コシヒカリやひとめぼれなど数あるブランドとともに食文化を支えています。

そして何より、生産者方々の【つや姫】に対する熱い想いです。 真ガモと人力が除草のかなめです。 微生物も土も生きているから、その上に育つ稲は生命力があふれています。 炊き上がった時のいい香り、甘み、もっちりの粘りと際立つ白さは山形県が10年をかけて開発した、そのこだわりが目でも舌でも感じられる品種です。 放射性物質分析の結果は、不検出(検出限界1Bg/kg以下)のお米です。 無農薬で育てた「つや姫」を山形からお届け!