山形県の優れたお米である「つや姫」の魅力

山形県の優れたお米である「つや姫」は、その名の通りとても綺麗なつやがあるお米です。炊き上がった後の艶々とした白いご飯は、見ただけでも美味しさを感じさせてくれます。実際に食した場合では、甘みや香りなど、白米としての旨みを存分に味わうことが出来ます。それもそのはず、このお米の誕生に至る系譜には、国内でも名立たる高品質米がその名を連ねており、それらのお米の美味しさが「つや姫」にしっかりと受け継がれています。また、このお米の素晴らしさは、炊き立ての至福の美味しさは勿論のこと、冷めた後でもその美味しさが持続していることです。そして冷めることで、炊き立てとはまた違った味わいが楽しめるという魅力があります。この為、お弁当やおにぎりにした場合では、冷めたからこそ堪能出来る「つや姫」のもう一つの美味しさを味わうとが出来ます。

美味しさと食感が素晴らしい「つや姫」

本当に美味しいお米の場合では、ご飯だけ食べましても、十分に美味しさを感じることが出来ます。例えば山形県のブランド米の「つや姫」も、そのような高い品質を持つお米です。このお米では炊飯後の炊き上がりを見た瞬間、先ず美しいツヤと、その光沢感に感嘆を覚えることが出来ます。目で見て味わうということに関しましては、このお米はとても素晴らしい外見を持っています。また、実際に口にした場合では、程好い甘みが旨みとなり、味わい深い香りとともに心地良い食感を楽しむことが出来ます。その魅力的な食感の由縁には「つや姫」のお米の粒がシッカリと大きく、そして粒揃いであることも大きく貢献しています。例えば粒が揃っていない場合では、口の中で感じる食感にも雑味が出てしまう場合もありますが、粒揃いの「つや姫」では、実に上質で口当たりの良い美味しさを実現しています。

甘味と粘り気が特徴のつや姫

日本で最も人気の高いお米はコシヒカリだと言われますが、そのコシヒカリよりも美味しいという評判で注目を集めているのが、山形県で開発されたつや姫です。このつや姫は、お米の品質の検定を行ういくつもの協会から、甘味、旨味、つやなどにおいてコシヒカリを上回る評価を受けています。その味の大きな特徴は、甘味、旨味、そして粘り気などのバランスが非常に良いという点です。特に旨味を感じさせる主成分であるグルタミン酸やアスパラギン酸が非常に多く含まれており、その含有量はお米の王様といわれているコシヒカリを凌いでいます。その為、口の中では十分な甘味と強い粘り気をしっかりと味わうことが出来ます。こういったお米自体の味がはっきりしている品種であるため、あっさりとした味付けの多い和食や定食などと、とても相性が良いという特徴を持っています。